お知らせ

気仙沼みちびき地蔵堂は、どなたでも拝観自由です。

堂守が不在の場合がありますので、詳しくは事前にお問い合わせください。
不在の場合でも、安置されたお地蔵様を外から拝観することができます。
また当地蔵堂では坐禅会や写仏教室も行っております。ご希望の方は事前にお問い合わせください。

坐禅会

「坐禅会」日曜・祝日 午前6時30分〜7時30分
「朝がゆ坐禅会」
  毎月第三土曜日および写仏教室開催日
  午前6時30分〜8時30分

写仏教室

富永成風先生の写仏教室です。同日朝には、毎月好評の朝がゆ坐禅会も行います。開催日はHPにてお知らせします。
開催の様子はこちら


発願趣意

二度と同じ悲劇をくりかえすことなく 仏の大慈悲により叡智を発動し 偉大なる再起をとげることが 出来ますように。 心におおいなるやすらぎが おとずれますように。 震災で亡くなられた多くの方々の 霊を供養し残された方々が より良い未来を祈ることが出来るよう みちびきの仏を彫り  多くの方々の真心により この堂を建立することが出来ました。 いく久しく人心安らかならんことを。     平成二十五年三月 滝田 栄

地蔵堂案内

日本人が一番素晴らしい、一番なつかしい、一番ちゃんとしていて 正直で素直で優しい日本人の心を思い出せるようなお堂です。
じっと見ていると、一休さんが飛び出して来そうなお堂です。どなたでも拝観自由ですので是非いちどお越しください。


建立までのいきさつ

平成21年3月11日
東日本大震災
 
大震災の後、滝田栄 お地蔵様を4ヶ月で彫り上げる。
平成23年8月
お地蔵様を安置すべく、お堂建立地を探しに候補地を視察。
平成24年4月
気仙沼市後九条の熊谷光良宅地内を建立地に決定する。
平成24年10月17日
起工式、地鎮祭
平成24年12月20日
上棟式
平成25年3月10日
大本山活禅寺にて開眼法要
平成25年3月13日
お堂完成に伴い気仙沼みちびき地蔵尊を安置
平成25年3月17日
落慶法要」一般公開始まる。

募金活動とお礼

ご協力いただいた多くの皆様に厚く御礼申し上げます。

募金をお寄せいただいた皆様お一人ひとりのお名前を勧進帳にしたため、お地蔵さまの脚下に納めさせていただきました。

滝田栄より 地蔵堂完成のお礼

建立までの道のり

富永成風氏の屏風

お地蔵さまのお立ちになっている後の12面屏風は、京都市在住の画家富永成風さんよりご寄進いただいたものです。「希望の風」というこの作品は、お地蔵さまの御心を鳥の形を借りて表現しています。[写真]

落慶法要

2013年3月17日、日輪の輝く真っ青な空の下、地蔵堂「落慶法要」を執り行いました。

落慶法要の様子

アクセス

気仙沼みちびき地蔵堂

所在地 宮城県気仙沼市後九条254-12

堂守が不在の場合がありますので、詳しくは事前にお問い合わせください。不在の場合でも、安置されたお地蔵様を外から拝観することができます。

JRご利用の場合
JR東北新幹線「一関」にて大船渡線「気仙沼」行きに乗り換え。気仙沼駅よりタクシーにて約10分
東京より約4時間(列車時刻により前後あり)
自動車の場合
東北自動車道「一関インター」より国道284号線にて約1時間15分
三陸道「登米東和インター」より国道398号線より南三陸町を経て国道45号線を北上約2時間

お問い合わせ先

TEL.090-1930-8661 熊谷光良

TEL.080-5558-7250 熊谷聖子

TEL.0226-24-0134 熊谷